2013年6月12日

「第2回単組代表者会議」を開催!

 2013年5月23日(木)に、石川県山中温泉のホテルにおいて、JR西日本連合に加盟する48単組の代表者が出席し開催された。連合会を代表して「前田 稔議長」が、JR西日本グループ全体の安全確立の取り組み、2013春季生活闘争の成果と課題など、労働組合に課せられた様々な諸課題と今後の方向性について決意も含めての挨拶を行った。

  (詳細記事)

2013年2月27日

「JR西日本連合第20回委員会」を開催!

 JR西日本連合は、2月22日(金)大阪リバーサイドホテルにおいて「第20回委員会」を開催した。会場には、幹事会、委員、ご来賓及び傍聴者約150名が参集し、安全の取り組みや2013春季生活闘争など当面の取り組みについて議論を繰りひろげた。

  (詳細記事)

2012年8月8日

第21回定期大会を開催!

 JR西日本連合は、七月二十七日(金)大阪リバーサイドホテルにおいて、JR西日本連合に集う各単組から約一七〇名が参集する中で、第二十一回定期大会を開催した。日笠副議長の司会で開会、議長にJR西労組内田代議員を選出し議事を進行した。

  (詳細記事)

2010年8月9日

JR西日本連合「第19回定期大会」開催!!

 JR西日本連合は、二〇一〇年七月二八日(水)大阪市内のホテルおいて、来賓、幹事、代議員、傍聴者を含め約一六〇名が参加する中「第一九回定期大会」を開催した。開会に先立ち、福知山線脱線事故をはじめとする鉄道事故でお亡くなりになられた御霊に哀悼の意を表し黙祷を行い、二度と重大事故を起こさない決意を新たにした。

  (詳細記事)

2008年8月26日

JR西日本グループ労働組合連合会 第17回定期大会が成功裡に終える!

 7月24日13:00から、JR西日本グループ労働組合連合会(JR西日本連合)「第17回定期大会」が開催された。冒頭、倉橋議長の挨拶にはじまり、来賓として、JR連合より角田会長、池上広報・グループ担当部長、交運共済西日本事業本部から志連事業推進部長、明治安田生命より伊集院部長、黒岩担当が来賓として挨拶されました。引き続き、大会議長に西村 元邦代議員(JR西労組福知山地本)を選出し、議事次第に則り、経過報告、方針(案)等が提案され、多くの代議員からの発言によりJR西日本グループの一員として、相応しい賃金・労働条件の向上に全力で取り組むこと等の方針を満場一致で決定しました。

  (詳細記事)

2006年3月23日

JR西日本連合「第13回委員会」を開催!

「賃金引上げ6,500円(定昇込み)を実現し、二極化された賃金・労働条件の改善を求めよう」との強い決意のもと、JR西日本グループ労組連絡会(議長:倉橋源太郎JR西労組委員長=34,000名)は2月24日、京都の弥生会館において第13回委員会を開催し、「春闘と安全、組織の拡大」を連携した当面の活動方針を満場一致で採択した。委員会終了後、同開場においてはJR連合グループ労組(角田修作会長=75,000名)初の「春闘総決起集会」が開催され、産別としての最低到達目標賃金などの達成に、いっそうの連けい強める取り組みを確認した。

  (詳細記事)

2004年8月03日

JR西日本連合第13回定期大会開催!

JR西日本連合第13回定期大会は7月27日、大阪「弥生会館」で傍聴者を含め150名が参加し盛大に開催された。

  (詳細記事)

2005年2月25日

JR西日本連合「第12回委員会」を開催!

グループ労組「6,000円中心」の賃金引上げ要求を決定!
JR西日本連合44単組に、新規加盟組合を承認!

  (詳細記事)

2004年8月02日

西日第5回交流ボウリング大会

JR西日本連合青年女性連絡会は、7月31日(土)にボウルメート京橋で「交流ボウリング大会」を開催しました。
 今年で5回目となった交流ボウリング大会。毎年、参加単組も参加者も増え、今年はなんと!「121名」の参加者で行いました。

  (詳細記事)

2004年1月6日

JR西日本連合行事予定
  (詳細記事)


2004年1月6日

新規加盟組合の紹介
 ジェイラインサービス大阪労働組合新規加盟  
  (詳細記事)


2003年7月2日

JR西日本連合行事予定
  (詳細記事)


2003年6月18日

JR連合第12回定期大会が終了する
 6月17日(火)〜18日に熱海後楽園ホテルにおいてJR連合第12回定期大会が開催された。大会代議員からは、(1)東日本の民主化闘争の促進 (2)03春闘総括と04春闘に向けた取り組み(3)「21世紀鉄道ビジョン」の具現化(4)来るべき総選挙闘争への勝利にむけた取り組みの強化等の発言があった。

特に総選挙闘争勝利に向けた取り組みの強化では、JR西労組出身である「三日月 大造氏」の必勝を目指して総力で取り組むことが満場一致で採択された。


(詳細記事)


2003年3月19日

西部興産労働組合が3月19日に組合結成
 3月19日に西部興産労働組合が結成され、JR西日本連合に加盟をしました。
JR西日本連合の加盟単組は39単組になり、ますますJR西日本グループ企業の労使の活躍が求められています。


(詳細記事)


2002年11月29日

JR西日本連合青年女性連絡会
寒かったが思い出に残った 学習会&レクリエーション&第4回定期総会開催

(詳細記事)

2002年9月24日

JR西日本連合グループ労働組合「賃金問題専門委員会」の設置

(詳細記事)


2002年7月30日

第11回定期大会を開催

(詳細記事)


2002年2月27日

第9回中央委員会を開催

 2月27日、大阪リバーサイドホテルにおいて、第9回中央委員会を開催し、2002年春季生活闘争方針をはじめとする当面の取り組みを決定しました。
(詳細記事)


2002年2月23日

JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会に16単組が参加

 京の2月の恒例行事として定着した第5回JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会が今年も2月23日、好天のもとに開催され、70チームが171段の階段で健脚を競った。
 JR西日本連合からは、昨年よりも2チーム多い16チームが参加し、1万人の観客が見守る中、日頃の鍛練?の成果を披露した。
(詳細記事)

[ JR西労働組の組織概況News !イラク鉄道復興人道支援会議JR西労組の政策 交渉関係組合員福祉 ]
[ 機関紙コーナー
青年女性委員会かわら版 JR西日本グループ労働組合連合会 ]
[ イベントスケジュールリンク ]